若者たちが何かに関心をもったり、
自分でなにかを考えたりするきっかけとしての、たたき台。
こんな人、事、考え方があるんだ、っていう
新しい価値観としての、たたき台。
平成元年生まれ、まだまだ若者の山崎達哉のブログ。

山崎達哉
日替わり店長の店「魔法にかかったロバ」代表。
立命館大卒業後、㈱電通を経て現業。

2019年01月

IMG_2742

いよいよですね〜。
今日は正午から、日付変わるまで。


スープ炊きまっせ〜!!!




骨も、豚も、背脂も、
京都で使っていたものと同じか
それ以上のいい素材!
宮城県産豚。



IMG_2741

そしてなにより、
ちょっと期待していた女川の水。


いいです!
しっとり、いい感じの弾力の麺。
麺は開業初日まで熟成。
スープはゴンゴン炊きます。




明日は野菜の仕込みと
豚の仕込み!
楽しみすぎる……。

ラーメンくいてー




1/30(水)
10:59〜11:00
@Yume Wo Katare Onagawa店前

IMG_2720


Yume Wo Katare Onagawa開業日
代表の山崎が、
まず最初の夢を語ります!




この店をどうしていきたいのか。
Yume Wo Katareは、
山崎は、どこを目指すのか。

山崎がそれらの夢を語る
この1分間に、
ぜひ立ち会ってください!




お食事の予定がない方でも大歓迎です。Yume Wo Katare Onagawaの門出を、
一緒に楽しみましょう!!

IMG_2708


この作業、いちばんすき。

Yume Wo Katare Onagawaは、
立ち飲みカウンターが入り口に
面しているので、
カウンター下部をそのまま
看板にした!!!



IMG_2703

IMG_2705
このカウンター看板に
ライトを当ててやろうと思い
今日ライトを仕入れにいきます。



お品書き看板はこちら。
上の写真のように、窓裏に立てます。
これもライト当てよう。

IMG_2714


京都のそれを受け継いで。
IMG_2716

お品書きのほうは、
じつは指で書いてるんですよ。
人差し指と小指で。






さー、あとは
製麺して骨炊いてお湯沸かすだけ!

まもなく開業です!



店内準備、着々と。


FullSizeRender

自慢の、真っ青な厨房。
棚やシンク、冷蔵庫に寸胴。

主要機材が続々搬入。




IMG_2677
いよいよ製麺機も入りました!

(まだ整頓できてなくて
ごめんなさい。)



IMG_2678
安心してください、
オーションですよ!

(使いさしですみません。)



IMG_2647
IMG_2646

まだ電気も通ってない店で、
備品のシール剥がしを手伝ってくれる
ステキな仲間にも恵まれ……。

みんなありがとう!!!






IMG_2679
そして今日は、
Yume Wo Katare Onagawaの
隣にある犬専門木工房「Noah」を
お借りしつつ教えてもらいつつ
木工させていただきました!

アライさん本当に
ありがとうございます!


IMG_2668
FullSizeRender
IMG_2670





ウチ、別府店同様、
立ち食いにするんですよ。
IMG_2680


京都にも立ち飲み席があって
IMG_0359


立ち食いカウンターの高さについては、
ぼくなりの哲学があります。

このラーメンの最たる
ターゲットである「21歳男子」の
平均身長を170cm前後としたとき

ラーメンを食べやすい高さは
115cmがベスト!!

いろんな店で検討した結果が
この高さです。







で、うちのカウンターも
115cmで施工していただいたのですが
子どもや女性にはちょっと高い。

ということで、Noahで
作ってたのはこちら。
IMG_2675

「身長増し台」です。
早々に「台」と略されて
呼ばれることでしょう。



IMG_2672
乗れるんですね〜。
身長増し10cm。

(靴が変なのですみません。
寒いんです。)



IMG_2674
身長160cm前後の人が
ちょうど食べやすい感じになってます。



IMG_2676
重ねられるので、
身長増し増し20cmもいけます。
三段重ねは危ないので、
増し増しまでですかね。



たぶんですが、
身長140cmくらいの人までは
普通にラーメン食べられるはずです。

それより背が低いお子様には、
厨房奥の段上がり部分を
お使いいただけます!




こんな感じで、
店内準備進んでますよ〜!





開業まで1週間!!


去年の夏。

Yume Wo Katareの
女川進出が決まった、
とても重要な
テレビ電話会議があった。




女川のまちづくりや経済を
牽引する中心メンバーの方々と
「女川に、まほロバのような
チャレンジショップを作ってはどうか」

というご相談のようなことと、
「山崎さっさと女川に移住しろ」
というような空気を
感じ取った会議だった。






ぼくは、
女川というまちで、
いろんなチャレンジをさせてもらった。

3年前と同様、
一昨日もガル屋で寿司!

IMG_2631


今日はSugar Shackで
ランチ営業をさせてもらった!

(今日のランチで写真撮るの
大変だったので、
シーパルちゃんの共食い写真)
FullSizeRender





女川というまちで、ぼくは
新しいチャレンジをしたいと思った。

それは、女川そのものが、
まほロバとYumeと同じで、
色んな人の夢とチャレンジを
実現させたい!というまちだから。






だからあの電話会議に臨む前、
ぼくは女川の中心メンバーの皆さんに
こう伝えよう、と
ある言葉をひねり出した。

そして会議で、
ぼくの決意とともに、伝えた。


『女川全体が、すでに
チャレンジショップです。』
と。




このまちは、
もはやその状態になっている。

そこでぼくは、
もっとたくさんの夢が語られるよう
Yume Wo Katare Onagawaをつくる。

そして、語られた夢を
女川つかって実現していく!

だからまず、
ぼくがぼくなりの、
女川でのチャレンジのしかたを、
実践する!



Yume Wo Katare Onagawa開業前の、
ぼくのチャレンジを応援してくれた
みなさん、ありがとうございます!

次は誰かの夢を、
女川で実現できるよう、
まずはYume Wo Katare Onagawa
開店に向けてがんばります!

↑このページのトップヘ