若者たちが何かに関心をもったり、
自分でなにかを考えたりするきっかけとしての、たたき台。
こんな人、事、考え方があるんだ、っていう
新しい価値観としての、たたき台。
平成元年生まれ、まだまだ若者の山崎達哉のブログ。

山崎達哉
日替わり店長の店「魔法にかかったロバ」代表。
立命館大卒業後、㈱電通を経て現業。

2018年01月

IMG_0427

自分で考えて

やりたいことが出てくる

考えられる人




外部から与えられた

消費しかできない

無思考の人




やりたいことを行動に移して

他の人を消費させる側の

行動できる人








「格差」は、

人間社会に多様な形で現れてきました。


士農工商やカーストなどの身分格差

経済的貧富と、それによる機会の格差




たぶん大きくこの2つ。








そして現代。発展した社会においては

前者は限りなく解消され

後者での階層流動性も、

ものすごく高まったんじゃないかと思います。







だから次は

モチベーション格差。



自分でやりたいことを

考えられる人と、考えられない人。

消費する側と、消費させる側。









モチベーション「0

のことを週5でやって、

金曜の朝に

モチベーション「-100


週末にお金を使って

ボルダリングとゲームと

ディズニーランドで

なんとか戻して

モチベーション「0





それよりは、






ずっとモチベーション「100

になれる何かを見つけられて、

それに没頭できる環境を

自分でつくれることこそが

これからの豊かさの基準になっていくんじゃないかなぁと私は思うんです。







ミッキーのコスプレして

ボルダリングできるゲーセン、

つくれる側になった方が







どやろ~。

------------- 

当ブログのコンセプトは「たたき台」。

こんな考え方、どう思う?

っていう、たたき台。

若者たちが何かに関心をもったり、

自分でなにかを考えたりするきっかけとしての、たたき台。

平成元年生まれ、まだまだ若者の山崎達哉のブログ。





まほロバにて、

ラーメン荘 夢を語れ店主 中嶋さん

Yume Wo Katare Kyoto 山崎

の、ラーメン300g対決。


IMG_0422







まほロバにて毎月開催される

学生におごる酒100

「課外授業酒場」。


中嶋さんにも、いつも

お越しいただいています。










そして今日はなんと、

Yume Wo Katare Kyoto店長中空が

名物「油麺」を、

まほロバで提供。




そりゃあもう、

中嶋さんと食べるしかないということで








大先輩の前で

全力を出すしかない!!!




食って

食って

食いまくって

IMG_0423




夢語りました!!


Yume Wo Katare Kyotoの

目指す店像。語りました。

IMG_0424




中嶋さんも。

学生たちに向かって。

「世界最高のラーメンつくる!」

IMG_0425





まほロバとYume Wo Katare Kyoto

そしてラーメン荘。


それぞれの同じゴールを目指す

ライバル同士が

全力で関わってる毎日が、

幸せでございます腹パンパン。


FullSizeRender





昨日、

まほロバを一緒に立ち上げた

当時の学生事務局、安藤


女性専用BARなど

日替わり店長のコラボ企画の全盛期を

つくってくれた、関


が、まほロバと

Yume Wo Katare Kyoto

ハシゴしてくれた!


IMG_0411






まほロバをつくった時のこと。

しんどかった時、

楽しかった時

2人と話して、

色々振り返って、改めて自信ついたり

初心に立ちかえれたり





なによりも嬉しいのは、

半年ぶりに会う2人に、

自分が報告したいことが

山のように増えていることと、

次の夢を語っているということ。笑


6年前と今と、

追いかけているゴールがまったく同じなのに

新しいアイデアで動いていることを

肯定してくれる仲間が、

今も昔も周りにいてくれるのは本当にありがたい。ありがとう!





若者と社会をつなげる

そのために

若者が自ら夢を語り

それを実現できる世の中


そのゴールに、まっすぐ!


IMG_0401

たまにですね、まほロバや

Yume Wo Katare Kyoto

周りの飲食店や

ラーメン屋さんと比較されて

「ライバル店の話で悪いね」とか

「競合が増えたねー」とか


お客さんがお話されることがあります。






でも我々は基本的に、

いわゆる一般的な飲食店は

ライバルや競合だと思ってません。


我々のライバルは、

教会、寺社仏閣、病院、

役所、政府、学校、

ジム、クラブ、

同じ理念を掲げている場所


だと考えています。






しんどい時、苦しい時、傷ついた時

それを癒したり、直したり、

駆け込めたりする場所。


頑張りたい時、なにかやりたいけど

わからない時。

それを鼓舞したりヒントが見つかる場所。





法律や制度が変わり国全体で

若者の活躍できる機会が増えたり


信仰や祈りによって

若者が何かに挑戦する流行ができたり

未来に希望を持てずに苦しむ若者が

助けられる場所が増えたら


我々はとても嬉しいです!








我々が考えるこの「ライバル」は、

同じ目的をそれぞれの分野で

目指す人たちが、

それぞれの成功を喜び合える関係のこと。



バスケ漫画スラムダンクの

桜木と流川はライバルです。


でも彼らの目的は1つ。

湘北高校が勝つこと。




小泉進次郎氏と山崎はライバル。


政治と民間それぞれの立場から

社会にあるあらゆるチャンスを

未来を担うものへ投資しようとしているから。






まほロバも、

Yume Wo Katareも、

studioあおも、

同じ理念をもった場所や

ライバルが、

それぞれのベストを尽くして

若者が未来に希望をもてる社会を

つくっていきたいのです。





今日もライバルに負けないように、

がんばろーう。



どやろ~。

------------- 

当ブログのコンセプトは「たたき台」。

こんな考え方、どう思う?

っていう、たたき台。

若者たちが何かに関心をもったり、

自分でなにかを考えたりするきっかけとしての、たたき台。

平成元年生まれ、まだまだ若者の山崎達哉のブログ。

連日、たくさんのお客さんが

Yume Wo Katare Kyotoに来てくれます。

そしてたくさんの夢を語ってくれます。






今日も、

何十回と300gの麺を上げ続けてました。





するとどうでしょう。

毎日の楽しみ、

帰宅前の一杯を飲むための

イカ納豆が、箸で掴めない!!!

IMG_0400






もうなんか、

ケイレンし始めています。

力入らない。





やっぱ身体には限界がありますねぇ。

昨日はお金の限界の記事でしたが。

こればっかりは、

一番弟子を早く一人前にするしかない




なにかいい治療法ご存知の方、

教えてくださ~い!


私には、

ひたすらビールを飲むことしかできません。

↑このページのトップヘ